遺言書を残しておけば、相続手続がスムーズに行われ、相続に関するトラブルを防止することができます。

遺言がある場合とない場合ではどう違う?

相続をめぐるトラブルは、遺言書がなかったことが原因となる場合が多くあります。

例えば、亡くなったAさん(被相続人)には、子供も直系尊属もいなかったため、遺産を妻とAさんの兄弟が相続することになりました。

兄弟の中には死亡している者もいて、その子供が相続人になっており、調べると法定相続人は30人にも達することがわかりました。

相続人と相続分

このような子供のいない夫婦の場合、夫が生前に「妻に全財産を相続させる」との遺言書を書いておけば、妻は全財産を誰に遠慮することなく相続できるのです。

遺言とは、自分の考えで自分の財産を処分できる明確な意思表示です。

遺言された者の幸福を考える上でも、遺言は元気なうちにしっかりと書いておくべきです。

遺言書作成

遺言書Q&A

遺言書の種類について。自筆証書遺言?公正証書遺言?どっち?

自筆証書遺言は、公正証書遺言と違って、家庭裁判所で遺言書の検認手続きが必要

遺言控除を新設の方針

遺言書を残していたか調べる方法

 

遺言・相続なら、大阪市都島区の柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の柿本大治司法書士・行政書士事務所です。
JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)
相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、 建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、 ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書、在留資格変更、ビザの更新などの入管手続きなどの業務を行っております。
お気軽にご相談下さい。

事務所案内

取扱業務

不動産の名義変更

相続登記手続

遺言書作成

外国人の在留資格 入管手続

住宅ローンの抹消手続

建設業許可申請

サイトマップ

クリスタルタワー

大阪市都島区中野町4丁目9番9-703号
柿本大治司法書士・行政書士事務所
TEL 06-6357-3789