住宅ローンを完済したら、抵当権の抹消登記手続をしましょう。

抵当権抹消登記

住宅ローンの抹消手続

住宅をご購入されたのち、住宅ローンを返済し、住宅ローンを完済された場合は、不動産(土地・建物・マンション)に設定されている担保(抵当権)を抹消しなければなりません。

住宅ローンを完済すれば、金融機関(銀行や保証会社)から、担保権(抵当権)を抹消するための書類(抵当権解除証書委任状代表者事項証明書登記済証もしくは登記識別情報通知書など)が送付されてきます。

住宅ローンを完済されて、金融機関(銀行や保証会社)から送付されてきたその抵当権抹消書類を放置したままにされている方もいらっしゃいます。

抵当権の抹消書類の中には、有効期限(3ヶ月)のある書類(代表者事項証明書や履歴事項証明書)もありますので、住宅ローンを完済し、抵当権の抹消書類がお手元に届きましたら、速やかに抵当権の抹消登記手続を司法書士にご依頼されることをおすすめします。

 

住宅ローンの債務者が死亡した場合

 

お花見

抵当権抹消登記手続(住宅ローンの抹消)は柿本大治司法書士・行政書士事務所

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)
相続贈与売買による名義変更遺言書離婚財産分与成年後見などの家庭の法律問題、 建設業許可宅建業許可古物商などの営業の許可に関する業務、 ビザ在留資格就労ビザ)、在留資格認定証明書在留資格変更ビザの更新などの入管手続きなどの業務を行っております。
お気軽にご相談下さい。

事務所案内

取扱業務

不動産の名義変更

相続登記手続

遺言書作成

外国人の在留資格 入管手続

住宅ローンの抹消手続

会社の登記 商業・法人登記

建設業許可申請

サイトマップ

 

大阪市都島区中野町4丁目9-9-703
柿本大治司法書士・行政書士事務所 
 
【抹消】関連記事
車の廃車手続き(一時抹消登録申請)
処分禁止の仮処分の抹消登記
仮差押登記の抹消