大阪の柿本大治司法書士・行政書士事務所では、外国人の在留資格のご相談、入管申請手続の取次業務を行っております。

在留期間更新許可申請

在留期間の更新(ビザの更新)

在留資格を有して在留する外国人は、原則として付与された在留期間に限って日本に在留することができることとなっているので、例えば、上陸許可等に際して付与された在留期間では、所期の在留目的を達成できない場合に、いったん出国し、改めて査証を取得し、入国することは外国人本人にとって大きな負担となります。 そこで、入管法は、法務大臣が日本に在留する外国人の在留を引き続き認めることが適当と判断した場合に、在留期間を更新してその在留の継続が可能となる手続を定めています。 在留期間の更新を受けようとする外国人は法務省令で定める手続により、法務大臣に対し在留期間の更新許可申請をしなくてはなりません。 この手続を行わずに在留期間が過ぎてしまうと、不法滞在(オーバーステイ)となり強制退去や刑事罰の対象となってしまいます。

外国人の在留資格 入管手続

在留資格一覧

在留資格認定証明書交付申請

在留資格変更許可申請

 在留期限の何ヶ月前から更新許可申請ができますか?

6か月以上の在留期間を有する場合は、在留期間の満了するおおむね3か月前から申請が可能です。

在留期間更新の手続きは、現在の在留期間満了の日までにする必要があります。

在留期間更新(ビザ更新)の事例

◆通常の在留期間更新

日本での活動内容に変更はなく、単なる在留期間を更新する場合

◆変更を伴う在留期間更新

転職により、就職先が変更していて、在留期間を更新する場合

離婚後に再婚していて、在留期間を更新する場合

外国人を日本に呼び寄せる~在留資格認定証明書交付申請~

ビザの変更~外国人の在留資格の変更手続き~

永住権を取得するには~永住許可申請~

永住の要件 永住許可に関するガイドライン

樹氷 雪

入管手続、外国人の在留資格は柿本大治司法書士・行政書士事務所

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分) 相続贈与売買による名義変更遺言書離婚財産分与成年後見などの家庭の法律問題、 建設業許可宅建業許可古物商などの営業の許可に関する業務、 ビザ在留資格就労ビザ)、在留資格認定証明書在留資格変更ビザの更新などの入管手続きなどの業務を行っております。
お気軽にご相談下さい。

事務所案内

取扱業務

不動産の名義変更

相続登記手続

遺言書作成

外国人の在留資格 入管手続

住宅ローンの抹消手続

会社の登記 商業・法人登記

建設業許可申請

サイトマップ

大阪市都島区中野町4丁目9-9-703
柿本大治司法書士・行政書士事務所