大阪府での宅地建物取引業者免許申請ならお任せ下さい。

宅建業者免許申請

 

 

 

宅地建物取引業とは

 

宅地建物取引業宅建業)を営もうとする者は、宅地建物取引業法宅建業法)の規定により、知事または国土交通大臣免許を受ける必要があります。

 

宅建業とは、不特定多数の人を相手方として、宅地または建物宅地建物)に関し、下記の○印の行為を反復または継続して行い、社会通念上、事業の遂行とみることができる程度の業を行う行為をいいます。

 

区分自己物件他人の物件の代理他人の物件の媒介
売買
交換
賃借×

 

宅建業を営むには、宅建業法に基づく免許が必要です。

自己所有地を不特定多数の者に分譲することは、宅地建物取引業者宅建業者)が仲介するかしないにかかわらず、宅建業となります。

 

不動産業であっても、不動産賃貸管理業不動産賃貸業貸家業貸間業不動産管理業など)は、宅建業には該当しません。

 

宅地建物取引主任者(宅建主任者)が宅地建物取引士(宅建士)に

 

宅建業法の一部改正により平成27年4月1日より、「宅地建物取引主任者」という名称が「宅地建物取引士」に変わります。

 

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所では、法人や個人の宅建業の免許申請(新規・更新)の業務を行っております。

 

大阪府での宅地建物取引業者免許申請ならお任せ下さい。

 

宅地建物取引業者免許申請

 

建設業許可申請

 

建設工事の種類と業種

 

建設業許可の制度の概要 建設業許可申請

 

建設業許可の更新申請と建設業決算変更届で大阪府庁へ

 

大阪府行政書士会より会長表彰を賜りました

 

解体工事業が建設業許可の業種に追加されました

 

世界遺産 ボロブドゥール遺跡

世界遺産 ボロブドゥール遺跡

大阪府の宅建免許申請や建設業許可申請なら

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

 

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)
相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております。
お気軽にご相談下さい。

 

サイトマップ

 

事務所案内

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区中野町4-9-9-703

 

【その他の行政書士業務】関連記事
車の廃車手続き(一時抹消登録申請)