不動産の名義人が死亡したが、相続登記手続きを放置したままにしておくと、第2次相続が発生したり、相続関係が複雑になることがあります。

 

数次相続について

数次相続とは、ある人が死亡して相続が発生し、その後に、その相続人もまた死亡するなど、相続が順番に2回以上発生することです。

 

<こんなケース>

土地や家の名義人である祖父が死亡し相続が発生し、不動産の名義変更(相続登記手続き)をしない間に、その子供である父親も死亡して相続が発生した場合などです。

 

相続登記

 

 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

相続登記(家や土地の名義変更)をせずに放っておくと

 

法定相続証明制度

 

富士山 柿本大治司法書士・行政書士事務所

富士山 柿本大治司法書士・行政書士事務所

 

相続手続きを放置しておくと、相続手続きが複雑になる

相続が発生したのに、そのまま放置しておくと、数次相続が発生したりして、相続人の数が増えたりするので、相続登記に必要な戸籍謄本や除籍謄本などの資料も増えることになります。

 

また相続人の数が増えると、遺産分割協議をすることが困難なケースもでてきます。

 

たとえば、相続人のうちの一人が、遺産分割協議の内容に納得しないとか、相続人のうちのだれかが外国にいるとか、相続人が行方不明であるとか、相続登記手続きが複雑になることがあります。

 

相続人が外国にいるときの相続手続き

 

相続人が行方不明の場合

 

特別代理人選任 親権者とその子との利益相反

 

共同相続された預金債権は遺産分割の対象となる

 

相続税の節税対策のための養子縁組は有効

 

このようなことにならないよう、相続が発生したら、すみやかに相続登記手続き(不動産の名義変更)をすることをおすすめします。

 

相続登記手続きは、大阪市都島区の柿本大治司法書士・行政書士事務所へお任せ下さい。

 

なお、相続人の間で、遺産分割協議の話し合いがまとまらない場合で、弁護士のご紹介をご希望される場合は、当事務所より弁護士をご紹介させていただくことができます。

 

遺産分割協議書

 

 

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)

相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております。

お気軽にご相談下さい。

 

事務所案内
 
 
 
 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

大阪市 全域対応いたします

・都島区・城東区・鶴見区・旭区・北区・中央区・住吉区・福島区・平野区・浪速区・天王寺区・阿倍野区・東住吉区・西区・淀川区・東淀川区・西淀川区・大正区・港区・此花区・生野区・東成区・住之江区・西成区

 

大阪府 全域対応いたします

・大阪市・東大阪市・堺市・守口市・枚方市・門真市・大東市・八尾市・四条畷市・寝屋川市・茨木市・高槻市・摂津市・池田市・泉大津市・泉佐野市・和泉市・大阪狭山市・貝塚市・柏原市・交野市・河南町・河内長野市・岸和田市・熊取町・島本町・吹田市・太子町・高石市・忠岡町・千早赤坂村・豊中市・富田林市・羽曳野市・藤井寺市・松原市・箕面市・阪南市・岬町・田尻町・豊能町・能勢町