建設業許可申請の経営業務の管理責任者について

建設業許可の要件のうち、まず検討すべき要件は、【経営業務の管理責任者】と【専任技術者】です。

経営業務の管理責任者については【経管】、専任技術者については【専技】と略されることが多いです。

経営業務の管理責任者(一般建設業・特定建設業 共通)

(大阪府 建設業の許可申請の手引きより)

申請者が法人である場合には、その役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいいます。以下同じ。)のうち常勤であるものの1人が次のアからエまでのいずれかに該当するものであること。

また、申請者が個人である場合には、個人事業主又はその支配人のうち1人が次のアからエまでのいずれかに該当するものであること。

ア 建設業の許可を受けようとする業種に関し5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

イ 建設業の許可を受けようとする業種以外の業種に関し7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

ウ 建設業の許可を受けようとする業種に関し経営業務の管理責任者に準ずる地位(使用者が法人である場合においては役員に次ぐ職制上の地位をいい、個人である場合においては当該個人に次ぐ職制上の地位をいう。)にあって次のいずれかの経験を有する者

a経営業務の執行に関して、取締役会の決議を経て取締役会又は代表取締役から具体的な権限委譲を受け、かつ、その権限に基づき、執行役員等として5年以上建設業の経営業務を総合的に管理した経験

b7年以上経営業務を補佐した経験

エ 国土交通大臣がアからウまでに掲げる者と同等以上の能力を有すると認定した者

 

大阪城天守閣

大阪城天守閣

 

【建設業許可申請】関連記事

建設業許可の制度の概要 建設業許可申請

 

建設工事の種類と業種

 

解体工事業が建設業許可の業種に追加されました

 

【許認可申請】関連記事

宅地建物取引業とは

 

大阪府の電気工事士免状交付及び電気工事業登録の受付窓口

 

建設業許可申請

 

 

宅建業者免許申請

 

 

 

建設業の新規許可、更新許可申請、決算変更届は柿本大治司法書士・行政書士事務所

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)
相続贈与売買による名義変更遺言書離婚財産分与成年後見などの家庭の法律問題、 建設業許可宅建業許可古物商などの営業の許可に関する業務、 ビザ在留資格就労ビザ)、在留資格認定証明書在留資格変更ビザの更新などの入管手続きなどの業務を行っております。
お気軽にご相談下さい。

事務所案内