大阪の司法書士・行政書士の柿本です。

相続に関する登記手続きの実務について

遺産分割の協議後に他の相続人が死亡して当該協議の証明者が一人となった場合の相続による所有権の移転の登記の可否について

(平成28年3月2日付法務省民二第154号)

遺産分割協議「前」に他の相続人が死亡したケース

所有権の登記名義人であるAが死亡し、Aの法定相続人が、BとCという事例で、Aの相続に関して遺産分割の協議をする前にBが死亡して、Bの法定相続人がCだけの場合は、CはAの遺産の分割をする余地はないので、CがA及びBの死後にAの遺産である不動産を直接すべて相続し、取得したことを内容とするCが作成した書面は、登記原因証明情報としての適格性を欠きます。

遺産分割協議「後」に他の相続人が死亡したケース

所有権の登記名義人であるAが死亡し、Aの法定相続人が、BとCという事例で、BとCの間でCが単独でAの遺産を取得する内容のAの遺産の分割協議が行われた後にBが死亡したときは、Cは当該遺産分割協議の内容を証明することができる唯一の相続人であるから、当該遺産分割協議の内容を明記してCがBの死後に作成した【遺産分割協議証明書】は、登記原因証明情報としての適格性を有し、Cの印鑑証明書を添付して、相続による所有権移転登記申請をすることができます。

 

鶴見緑地 菜の花

鶴見緑地 菜の花

相続

 

 

 

遺産分割協議書

 

 

 

【不動産登記実務】関連記事

抵当権設定 他管轄物件の同時設定

 

除籍等が滅失等している場合の相続登記

 

法定相続証明制度

 

退職慰労金として会社名義不動産を現物給付する登記

 

評価額がない場合の不動産登記の登録免許税

 

信用保証協会の抵当権設定登記の登録免許税

 

不動産登記の資格証明書の取扱いの変更

 

【商業・法人登記実務】関連記事

株式会社設立登記や役員変更登記の添付書類

 

商業登記の株式会社の代表取締役の住所について

 

【商業登記法改正】登記事項証明書の様式変更・登記申請時の登記事項証明書の添付省略

 

監査役の監査の範囲の登記

 

監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがあることを証する書面の例

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)

相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております

お気軽にご相談下さい。

 

事務所案内
 
 
 
 
 

お問い合わせ