相続登記についての法務省の通達が出ました。

河津桜(鶴見緑地)

河津桜(鶴見緑地)

除籍等が滅失等している場合の相続登記について(通達)

(平成28年3月11日付法務省民二第219号)

相続登記の申請において、相続を証する市町村長が作成した情報である除籍又は改製原戸籍の一部が滅失等していることにより、その謄本を提供することができないときは、滅失等により「除籍等の謄本を交付することができない」旨の市町村長の証明書及び「他に相続人はない」旨の相続人全員による証明書(印鑑証明書添付)の提供を要する取扱いとされてきました(昭和44年3月3日付民事甲第373号回答)。

しかしながら、「他に相続人はない」旨の相続人全員による証明書を提供することが困難な事案が増加していることに鑑み、戸籍及び残存する除籍等の謄本に加え、除籍等の滅失等により「除籍等の謄本を交付することができない」旨の市町村長の証明書が提供されていれば、相続登記をして差し支えないものとされました。

相続

 

 

 

【不動産登記実務】関連記事

抵当権設定 他管轄物件の同時設定

 

日本政策金融公庫が法人に係る債権を担保するために設定する抵当権

 

遺産分割の協議後に他の相続人が死亡

 

コンビニ交付の印鑑証明書や住民票の写し

 

退職慰労金として会社名義不動産を現物給付する登記

 

評価額がない場合の不動産登記の登録免許税

 

信用保証協会の抵当権設定登記の登録免許税

 

不動産登記の資格証明書の取扱いの変更

 

熊本地震で権利証を紛失した場合

 

森林の土地を相続などにより取得したときの届出

 

【商業・法人登記実務】関連記事

株式会社設立登記や役員変更登記の添付書類

 

商業登記の株式会社の代表取締役の住所について

 

【商業登記法改正】登記事項証明書の様式変更・登記申請時の登記事項証明書の添付省略

 

監査役の監査の範囲の登記

 

監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがあることを証する書面の例

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)

相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております

お気軽にご相談下さい。

 

事務所案内
 
 
 
 
 

お問い合わせ