所有権保存登記の登録免許税に関して

認定低炭素住宅の所有権の保存登記等の登録免許税の軽減措置(租税特別措置法第74条の2)の適用期限が2年延長(平成30年3月31日まで)

平成28年4月1日以降の登録免許税に関するお知らせ(法務省HP)

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00179.html

平成28年度の税制改正により、不動産登記に係る登録免許税に関する主なものとして、次のとおり延長の措置を講ずることとされましたので、お知らせします。

租税特別措置法第74条の2関係

適用期限の2年延長(平成28年3月31日→平成30年3月31日)

認定低炭素住宅の所有権の保存登記等の登記に係る登録免許税の軽減措置(租税特別措置法第74条の2)につきましては、その適用期限を2年延長することとされ、平成30年3月31日までの間に受ける登記について、税率の軽減措置が適用されます。

(登録免許税:税率)

所有権の保存の登記及び所有権の移転の登記  1000分の1

不動産登記の登録免許税(印紙代)

 

ネモフィラ

ネモフィラ

 

所有権移転登記

 

 

所有権保存登記(新築建物)

 

【不動産登記実務】関連記事

除籍等が滅失等している場合の相続登記

 

遺産分割の協議後に他の相続人が死亡

 

退職慰労金として会社名義不動産を現物給付する登記

 

評価額がない場合の不動産登記の登録免許税

 

信用保証協会の抵当権設定登記の登録免許税

 

不動産登記の資格証明書の取扱いの変更

 

日本政策金融公庫が法人に係る債権を担保するために設定する抵当権

 

特定認定長期優良住宅の所有権の保存登記

 

増改築がされた住宅用家屋の所有権移転登記

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)

相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております

お気軽にご相談下さい。

 

事務所案内
 
 
 
 
 

お問い合わせ