大阪市都島区の司法書士行政書士柿本です。

法務局の管轄が他管轄にまたがる不動産の抵当権設定登記について

通常、法務局の管轄が他管轄にまたがる不動産の抵当権設定登記を申請する場合、最初の法務局に抵当権設定登記を申請して、その登記が完了したあと、前登記証明書を取得し、次に申請する法務局に前登記証明書を添付し、登録免許税の軽減措置(13条2項)を受けて、抵当権設定登記を申請するのが一般的です。

しかし、この場合は、他管轄にまたがる不動産に抵当権を同時に設定したにもかかわらず、手続き上(登録免許税の軽減措置を受けるため)、どうしても法務局ごとに登記がされた日付が異なってきます。

金融機関によっては、他管轄にまたがる場合でも、同時に抵当権設定登記を申請して、同時に受領書がほしいという場合もあります。

このような場合には、前登記証明申出書という制度が存在します。

最初に抵当権設定登記を申請する法務局に前登記証明申出書を提出して、登記官に証明してもらったものを、次に抵当権設定登記を申請する法務局に提出することとなります。

ちなみに、大阪法務局の本局と北出張所の事案ですが、大阪法務局本局に前登記証明申出書を提出しても、前登記証明申出書は、登記が完了後に証明する取扱いとなっているということで、登記完了後に受け取るということでした。

北出張所には、前登記証明書なしで申請し、後から補完する形で登記を進めていくということでした。

前登記証明申出書の取扱については、やはり事前に管轄法務局に確認するほうがいいですね。

夕陽

夕陽

不動産登記事務取扱手続準則

(前登記証明書)

第125条

1.同一債権を担保する抵当権等に係る登記を既に受けた旨の記載のある登記事項証明書は、これを税法施行規則第11条の書類として取り扱うものとする。

2.抵当権等の設定等の登記を最初に申請した登記所に、その登記の申請と同時に申請人から別記第90号様式による申出書の提出があった場合には、登記官は、税法施行規則第11条の書類として、登記証明書を交付するものとする。

3.前項の登記証明書の作成は、申出書の末尾に、証明する旨及び証明の年月日を記載し、登記官がこれに記名し、職印を押印してするものとする。

 

【不動産登記実務】関連記事

除籍等が滅失等している場合の相続登記

 

遺産分割の協議後に他の相続人が死亡

 

退職慰労金として会社名義不動産を現物給付する登記

 

評価額がない場合の不動産登記の登録免許税

 

信用保証協会の抵当権設定登記の登録免許税

 

不動産登記の資格証明書の取扱いの変更

 

日本政策金融公庫が法人に係る債権を担保するために設定する抵当権

 

支店の管理番号は会社法人等番号ではない

 

コンビニ交付の印鑑証明書や住民票の写し

 

法定相続証明制度

 

 

大阪の法務局の管轄一覧

神戸の法務局の管轄一覧

奈良の法務局の管轄一覧

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)

相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております

お気軽にご相談下さい。

 

事務所案内
 
 
 
 
 

お問い合わせ