不動産登記の実務について

天満橋の夕暮れ

天満橋の夕暮れ

不動産登記の申請をする場合に、申請人が法人であるときは、代表者の資格を証する情報(資格証明情報)の提供に代え、原則として、登記申請書(申請情報)に【会社法人等番号】を記録又は記載することになっています。

ただし、代表者の資格を確認することができる「作成後1か月以内の登記事項証明書」を提供した場合には、会社法人等番号の記録又は記載は不要。

また、法人が所有権を取得して不動産の登記名義人となる場合や、不動産登記に登記されている法人の住所を変更する場合の登記を申請するときの、当該法人の住所を証する情報(住所証明情報)、変更を証する情報(変更証明情報)や、法人が合併したことを証する情報等についても、同様の取扱です。

ただし、住所証明情報等の提供を省略することができるのは、現在の会社法人等番号で登記記録を確認可能なものに限られます。

支店の管理番号は会社法人等番号ではない

抵当権や根抵当権の抹消登記を申請する際に、抵当権者や根抵当権者が合併等したことにより、抹消登記の前提として、抵当権や根抵当権の移転登記をする必要がある場合があります。

抵当権抹消登記

 

この場合に、抵当権や根抵当権移転登記の申請書(申請情報)に合併をしたことを証する情報が必要ですが、現在の会社法人等番号で登記記録を確認可能なものについては、会社法人等番号を記載することにより、合併を証する情報を省略することができます。

上記のような取扱であるため、金融機関から、代表者事項証明書や履歴事項証明書や閉鎖事項証明書等の原本の提供を受けることはあまりありません。

コピーの場合がほとんどです。

ある金融機関の事例ですが、他の金融機関に吸収合併されたことにより、抵当権や根抵当権移転登記をする際、合併を証する情報の中に、【会社法人等番号】が記載されていない履歴事項証明書のコピーの提供を受けることがあります。

その履歴事項証明書には、【会社法人等番号】の欄がなく、欄外に【管理番号】と記載されています。

これは、支店の【管理番号】ということになります。

この金融機関の場合、【会社法人等番号】と【管理番号】は同じなのですが、支店の【管理番号】は、【会社法人等番号】ではないので、合併を証する情報を省略することができません。

規定が、「会社法人等番号」と規定されているので、「管理番号」ではダメなようです。

Q:支店の管理番号を提供した場合は、登記名義人である法人の住所又は名称変更登記における変更証明情報の提供に代えることができるか?

A:代えることができない。管理番号は会社法人等番号ではない。

住所変更登記・氏名変更登記

 

 

 

【不動産登記実務】関連記事

除籍等が滅失等している場合の相続登記

 

遺産分割の協議後に他の相続人が死亡

 

退職慰労金として会社名義不動産を現物給付する登記

 

評価額がない場合の不動産登記の登録免許税

 

信用保証協会の抵当権設定登記の登録免許税

 

不動産登記の資格証明書の取扱いの変更

 

コンビニ交付の印鑑証明書や住民票の写し

 

日本政策金融公庫が法人に係る債権を担保するために設定する抵当権

 

山地番や耕地番 登記簿の地番

 

森林の土地を相続したときの届出

 

抵当権設定 他管轄物件の同時設定

 

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)

相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております

お気軽にご相談下さい。

 

事務所案内
 
 
 
 
 

お問い合わせ

 

 

 

 

会社設立登記と法人番号