オンライン申請で【添付情報を遺漏している可能性があります】のアラート

先日、いつものように株式会社設立登記をオンライン申請しようと、申請用総合ソフトで作業を行っていたら、【添付情報を遺漏している可能性があります】のアラートがでました。

申請用総合ソフトのバージョンアップを行いましたが、以前は、そんなアラートが出ることはなかったように思います。

ヨウコウザクラ

ヨウコウザクラ

添付情報を遺漏している可能性があります

こんなアラートが出たら、不安になりますね。

すでに電子署名まで終わり、申請情報を送信するだけになっていたのを、電子署名をはずして、さらに添付した電子定款のフォルダも削除してみました。

そして、あらためて電子定款のフォルダを添付して、電子署名を行い、何度も申請情報を確認して、申請情報を送信しようとすると、また【添付情報を遺漏している可能性があります】のアラートがでました。

たしかに電子定款も添付しているし、株式会社設立登記申請の場合は、通常、電子定款以外は、法務局に持参するので、オンラインで添付するのは電子定款だけなんですが。

アラートが出てるので、少し不安な気持ちでしたが、そのまま申請情報を送信しました。

もちろん、株式会社設立登記は無事完了しました。

どうやら、【添付情報を遺漏している可能性があります】のアラートは、ちゃんと添付情報を添付していても出るようです。

商業・法人登記のオンライン申請で添付情報をオンラインで添付することがあるのは、通常、電子定款ぐらいなものなので、こういうアラートは、逆に不安になるように思います。

オンライン申請は、書面申請と違って、より神経を使うので、アラートが出ると焦りますね。

 

会社設立

 

 

【商業登記】関連記事

有限会社から株式会社へ移行【メリット・デメリット】 

 

株主リスト 商業登記の添付書面

 

株主リストの簡易書式バージョン

 

外国人のサイン証明(署名証明書)商業登記

 

外国語で作成された書面の翻訳【商業登記】 

 

印鑑登録のない外国人が発起人として定款に契印する方法

 

株式会社設立登記や役員変更登記の添付書類

 

商業登記の株式会社の代表取締役の住所について

 

会社を設立したい、法人成りしたい

 

株式会社の取締役の任期

 

監査役の監査の範囲の登記

 

監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがあることを証する書面の例

 

登録免許税(商業・法人登記)

 

事業協同組合の登記

 

支店の管理番号は会社法人等番号ではない

 

みなし解散 休眠会社・休眠一般法人の整理作業

 

商業・法人登記

 

 

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区中野町4丁目9番9-703号

 

事務所案内

 

 

 

お問い合わせ