相続手続きに関する新しい制度【法定相続情報証明制度】

5月29日から「法定相続情報証明制度」がスタートします。

今まで不動産の相続手続きや、銀行などの金融機関での相続手続きなどをする際、戸籍謄本等の書類が、その都度必要でしたが、法務局において「法定相続情報証明制度」を利用すると、各相続手続きにおいて、戸籍謄本等の書類を何度も提出する必要がなくなります。

不動産の相続手続きが放置(相続登記未了)されているケースが多く、この「法定相続情報証明制度」によって、相続登記未了問題が解消されていくこと(相続登記促進)を法務省は考えているようです。

新緑 鶴見緑地

新緑 鶴見緑地

相続

 

 

相続人と相続分

法務省HP

「法定相続情報証明制度」が始まります!

平成29年5月29日(月)から、全国の登記所(法務局)において、各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まります。

相続手続が簡単に

現在、相続手続では、お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を、相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があります。

法定相続情報証明制度は、登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し、併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を出していただければ、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付します。

その後の相続手続は、法定相続情報一覧図の写しを利用いただくことで、戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。

法定相続情報証明制度

相続⼈が登記所に対し、以下の書類をはじめとする必要書類を提出

1.被相続⼈が出まれてから亡くなるまでの戸籍関係の書類等

2.上記1.の記載に基づく法定相続情報⼀覧図(被相続⼈の氏名、最後の住所、生年月日及び死亡年月日並びに相続⼈の氏名、住所、生年月日及び続柄の情報)

登記官が上記の内容を確認し、認証文付きの法定相続情報一覧図の写しを交付(交付に当たり、手数料は徴収しない)

法定相続情報証明制度は、被相続⼈名義の不動産がない場合(例えば、遺産が銀行預金のみの場合)でも利用することが可能

申出をすることができるのは、被相続人の相続人(当該相続人の地位を相続により承継した者を含む。)

代理人となることができるのは、法定代理人のほか、①民法上の親族、②資格者代理人(弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士及び行政書士に限る。)

申出をすることができる登記所は、次の地を管轄する登記所のいずれか

① 被相続人の本籍地

② 被相続人の最後の住所地

③ 申出人の住所地

④ 被相続人名義の不動産の所在地

申出は、郵送によることも可能

法定相続情報一覧図

一覧図の写しは、相続手続に必要な範囲で、複数通発行可能

法定相続情報一覧図の保管期間中(5年間)は、一覧図の写しを再交付することが可能。

ただし、再交付を申出することができるのは、当初、一覧図の保管等申出をした申出人に限られる(他の相続⼈が再交付を希望する場合は、当初の申出人からの委任が必要)。

推定相続人の廃除があった場合に、法定相続情報一覧図には、原則、その廃除された者の記載がされない。

 

【相続】関連記事

相続の手続きをしたい

 

遺産分割協議書 相続人全員の話し合いによる協議

 

相続登記(家や土地の名義変更)をせずに放っておくと

 

相続人が外国にいるときの相続手続き

 

相続人が行方不明の場合

 

住宅ローンの債務者が死亡した場合

 

相続税の節税対策のための養子縁組は有効

 

数次相続とは

 

相続登記の必要性

 

相続欠格とは

 

森林の土地を相続したときの届出

 

相続人が未成年のとき

 

除籍等が滅失等している場合の相続登記

 

共同相続された預金債権は遺産分割の対象となる

 

土地の相続による名義変更や、家の相続による名義変更ならお任せ下さい。

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)

相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております。

お気軽にご相談下さい。

 

事務所案内
 
 
 
 
 

お問い合わせ