都島区の司法書士、行政書士。相続・贈与・離婚・名義変更・遺言・入国管理局手続き。

成年後見

成年後見制度

成年後見制度とは

私たちは契約を前提とする社会に生きています。

「お店で商品を買う」という日常的なことも、実は契約です。

「お店で商品を買う」こと以外にも、

不動産や預貯金などの財産管理契約

介護サービスの利用や施設への入所契約

など、生活のなかで契約をする場面があります。

契約をするには、結果を予想する判断能力が必要となりますが、判断能力が十分ではない場合、自分にとって不利益な契約を結んでしまい、その結果、悪徳商法の被害にあうこともあります。

判断能力が不十分な方々の権利や財産を、法律面や生活面から保護し支援するためのしくみ、それが【成年後見制度】です。

 

お問い合わせ

 

 

 

成年後見制度

成年後見制度】には、後見、保佐、補助の類型の【法定後見制度】と、当事者同士の契約に基づく【任意後見制度】の二つがあります。

 

法定後見制度

法定後見制度は、認知症、知的障がい、精神障がいの方について、本人や一定の親族等が家庭裁判所に申し立て、審判を受けることによって開始します。

法定後見制度は、支援を受ける「本人」の判断能力の状態によって、

後見(判断能力の減退程度が重度

保佐(判断能力の減退程度が中度

補助(判断能力の減退程度が軽度

の三つの支援制度が用意されています。

 

そして、本人を支援する人として

後見の場合=成年後見人

保佐の場合=保佐人

補助の場合=補助人

が選任されます。

なお、任意後見制度で本人を支援する人は、任意後見人です。

後見人保佐人補助人は、家庭裁判所が選任します。

 

後見人は、本人の権利や利益を守るため、

◆本人に代わって必要なことを行う(代理権

◆本人が行うことに関して同意する(同意権

◆本人が不利益な契約をしてしまったときにその契約を取り消す(取消権

をすることによって、本人を保護・支援します。

 

任意後見制度

任意後見制度は、自身の判断能力が衰える前に、公正証書によって任意後見人候補者(任意後見受任者)を定め、判断能力が衰えたときに、家庭裁判所に任意後見監督人の選任の申立てをし、家庭裁判所が任意後見監督人を選任することによって開始します。

 

任意後見制度ってどのような制度?

 

 

大阪市の司法書士・行政書士事務所の柿本大治司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)
相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、 建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、 ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書、在留資格変更、ビザの更新などの入管手続きなどの業務を行っております。
お気軽にご相談下さい。

コスモス

コスモス

大阪市都島区中野町4丁目9番9-703号
柿本大治司法書士・行政書士事務所
 

事務所案内

 

 

 

取扱業務

サイトマップ

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6357-3789 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 柿本大治司法書士・行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.