登記識別情報通知・未失効照会サービスが開始されました。

オンラインにより登記識別情報の有効性を迅速に確認できるようになりました。

紅葉と青空

紅葉と青空

登記識別情報通知・未失効照会サービスについて

法務省HP

登記識別情報通知・未失効照会サービスの開始についてhttp://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00238.html

平成27年11月2日から、オンラインにより登記識別情報の有効性を迅速に確認するための以下のサービスを開始します。

1.手数料は不要です。

2.登記官による証明は行われません。

照会に必要な事項について

照会に必要な事項は以下のとおりです。

1 照会者の氏名又は名称

2 照会者が法人であるときは、その代表者の氏名

3 当該登記に関する次に掲げる事項

(1) 不動産所在事項又は不動産番号

(2) 登記の目的

(3) 申請の受付年月日及び受付番号

(4) 甲区又は乙区の別

回答について

回答される内容は以下のとおりです

1 照会に係る登記事項に記録された全ての登記名義人の登記識別情報が通知され、有効な場合

→「当該登記に係る登記識別情報が通知され、かつ、失効していません。」

2 照会に係る登記事項に記録された全ての登記名義人の登記識別情報が通知され、かつ、失効している場合又は不通知である場合

→「当該登記に係る登記識別情報が通知されず、又は失効しています。」

3 照会に係る登記事項に記録された登記名義人が複数存在する場合に、その一部の登記名義人について、登記識別情報の状態が通知され、かつ、失効している場合又は不通知である場合

→「当該登記に係る登記名義人の一部において登記識別情報が通知されず、又は失効しています。」

4 請求に係る物件が特定できない場合、又は請求に係る登記事項が存在しない場合

→「照会に係る登記はありません。」

 

その他、登記識別情報の状態によってはエラーメッセージ等が回答される場合があります。

 

【登記識別情報】関連記事

登記識別情報が、シール方式から折り込み方式へ

 

大阪の法務局でも登記識別情報が折り込み方式になります

 

不動産の相続・売買・贈与・財産分与による名義変更ならお任せ下さい。

柿本大治司法書士・行政書士事務所

大阪市都島区の司法書士・行政書士事務所です。

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)

相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております。

お気軽にご相談下さい。

 

事務所案内

 

 

 

お問い合わせ