一般酒類小売業免許申請について

青空とビール

青空とビール

一般酒類小売業免許とは

酒類の販売業をしようとする場合には、酒税法の規定に基づき、販売場ごとに、その販売場の所在地の所轄税務署長から酒類販売業免許(販売業免許)を受ける必要があります。

販売場ごとに受ける必要があるとは、例えば、本店で販売業免許を受けている場合であっても、支店で酒類の販売業を行おうとする場合には、支店の所在地の所轄税務署長から新たに販売業免許を受ける必要があります。

販売業免許は、販売先や販売方法によって区分されていて、このうち、販売場において、消費者又は酒場・料理店等の酒類を取り扱う接客業者等に対し、原則としてすべての品目の酒類を小売することができる販売業免許が、【一般酒類小売業免許】です。

(国税庁HP「一般酒類小売業免許申請の手引き」より)

【許可申請・免許申請】関連記事

建設業許可の制度の概要 建設業許可申請

 

建設工事の種類と業種

 

経営業務管理責任者要件の改正【建設業許可】 

 

宅地建物取引業とは

 

建設業許可申請

 

 

宅建業者免許申請

 

 

 

許可申請・免許申請(建設業許可、宅建免許申請など)

柿本大治司法書士・行政書士事務所

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)
相続贈与売買による名義変更遺言書離婚財産分与成年後見などの家庭の法律問題、 建設業許可宅建業許可古物商などの営業の許可に関する業務、 ビザ在留資格就労ビザ)、在留資格認定証明書在留資格変更ビザの更新などの入管手続きなどの業務を行っております。
お気軽にご相談下さい。

事務所案内