建設業許可の制度の概要 建設業許可申請

建設業許可申請

大阪府 建設業許可の申請の手引きより>

建設業許可の制度の概要

建設工事の完成を請け負うことを営業とする場合、元請人はもちろん、下請人でも、またその工事が公共工事であるか民間工事であるかを問わず、建設業法第3条に基づいて一般建設業又は特定建設業の許可の区分により、国土交通大臣又は都道府県知事から建設工事の種類に対応した業種ごとに、建設業許可を受けなければなりません。

ただし、次に掲げる工事のみを請け負う場合は、必ずしも建設業許可を必要としません。

建設工事の区分建設工事の内容 (請負額には消費税額を含みます。)
建築一式工事の場合工事1件の請負額が1,500万円未満の工事、又は延べ面積が150平方メートル未満の木造住宅工事
【木造】…建築基準法第2条第5号に定める主要構造物が木造であるもの
【住宅】…住宅、共同住宅及び店舗等の併用住宅で、延べ面積が2分の1以上を居住の用に供するもの
建築一式工事以外の工事の場合工事1件の請負額が500万円未満の工事

なお、これらの額(建築一式工事の場合は1,500万円、建築一式工事以外の場合は500万円)は、同一の建設業を営むものが工事の完成を二つ以上の契約に分割して請け負うときは、正当な理由に基づいて契約を分割したときを除き、各契約の請負代金の合計額とし、また、注文者が材料を提供する場合においては、その市場価格又は市場価格及び運送費を当該請負契約の請負代金の額に加えた額とします。

また、許可の有効期間は5年間となっており、それ以降も引き続いて建設業を営もうとする場合は、許可の更新を受ける必要があります

■建設工事の種類と業種

建設工事は、土木一式工事と建築一式工事の2つの一式工事と26の専門工事に分類され、それぞれに応じ28の業種が法律に定められています。

※平成28年6月1日より建設業の業種に解体工事業が追加されたことにより、建設業許可の業種は29業種となりました。

建設工事の種類と業種

 

 

【建設業】関連記事

経営業務の管理責任者

 

宅建免許申請

宅地建物取引業とは

 

柿本大治司法書士・行政書士事務所では、建設業の許可申請(新規・更新)、建設業許可の決算変更届の業務を行っております

長崎県平戸市大島村

長崎県平戸市大島村

建設業の新規許可、更新許可申請、決算変更届は柿本大治司法書士・行政書士事務所

JR大阪環状線「桜ノ宮」駅(徒歩3分)
相続贈与売買による名義変更遺言書離婚財産分与成年後見などの家庭の法律問題、 建設業許可宅建業許可古物商などの営業の許可に関する業務、 ビザ在留資格就労ビザ)、在留資格認定証明書在留資格変更ビザの更新などの入管手続きなどの業務を行っております。
お気軽にご相談下さい。

事務所案内

 

 

 

取扱業務

不動産の名義変更

相続登記手続

遺言書作成

外国人の在留資格 入管手続

住宅ローンの抹消手続

建設業許可申請

 

 

建設業許可申請

サイトマップ

 

大阪市都島区中野町4丁目9-9-703
柿本大治司法書士・行政書士事務所 
 
【その他の行政書士業務】関連記事
車の廃車手続き(一時抹消登録申請)
 
 
お問い合わせ
 
 
 
 
 
 
相続・贈与・売買による名義変更、遺言書、離婚・財産分与、成年後見などの家庭の法律問題、建設業許可や宅建業許可、古物商などの営業の許可に関する業務、ビザ・在留資格(就労ビザ)、在留資格認定証明書などの入管手続きなどの業務を行っております。お気軽にご相談下さい。 

事務所案内
 
 
 
 
 

お問い合わせ